ネイティブスピーク〜口コミで評価が高い教材〜

ネイティブスピーク〜口コミで評価が高い教材〜

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」

ネイティブスピーク

 

 

英語が話せるようになるにはどうしたらいいのか?

 

世界を股に架けて活動するバイリンガル英語講師

初めまして。バイリンガル英会話講師として活動している横田 力(ちから)と申します。

 

発音矯正の世界的権威スコット先生の日本人ペートナー横田力22歳まで英語が出来なかったが、たったの3ヶ月間の勉強で英語をどんどん上達させ、英語をマスターする。

 

日本でマンツーマンレッスンの英会話講師や翻訳、通訳を、カナダではホストファミリーを務めながら、日本人の生徒さんを受け入れ英語やカナダの文化を教えた経験も持つ。

 

現在では、発音矯正の世界的権威スコットペリー先生のビジネスパートナーをしながら、英語力を生かして国際的にビジネスを行っている。

 

TOEIC990点でもネイティブに英語が通じない

発音をきちんと学ぶ事が如何に大事か?

 

これに気付いていない日本人は、英語学習者の90%以上にも及びます。

 

殆どの日本人は、日本語の発音のまま英語を話している人が殆ど。

 

「日本語英語」や「カタカナ英語」等と言われていますが、本来の英語の発音とは程遠いような英語の発音で話しています。

 

その結果、当然ですがネイティブに英語が通じません。

 

どれだけTOEICで満点の990点を持っていたとしても、英検1級を持っていたとしても、発音が悪ければ、ネイティブに英語は通じないのです。

 

日本で通じる英語≠海外で通じる英語

日本では英語がペラペラだと思っていたのに、実際に海外へ行き、現地のネイティブスピーカーと話すと、何度も聞き返され、しまいには通じずに終わるという悲しい思いをしてしまう人は珍しくありません。

 

日本に来ているネイティブは日本人の話す英語に慣れている為、カタカナ英語でも通じます。発音が悪くても通じるのです。

 

ですが、海外に行ったらそうはいきません。

 

海外に居るネイティブは、日本人の発音に慣れていないので、発音が悪かったとしたら英語は通じません。

 

海外に住んでも、留学しても駄目

例えアメリカに留学したとしても、海外に住んだとしても、発音は良くなりません。 普段から英語を聞く事で、リスニング力はアップしたとしても、発音だけは意識して練習をしないと、自然に身に付く事は無いからです。

 

日本で英語を学び、海外に行って初めてネイティブの方と会話した人は、発音の重要さを痛感します。

 

英会話能力は高いのにも関わらず、発音が悪い為にネイティブに英語が通じないという人は、アメリカに10年以上住んでいる方の中にさえいらっしゃいます。

 

ネイティブに通じる英語を話せるようには、正しい発音が出来るようになる為に、根本的なカタカナ発音の矯正をする必要があるのです。

 

 

発音の勉強をすると英語を一早くマスター出来る2つの理由

 

カタカナ英語の矯正をする事で得られるメリットは、何も発音が上手くなる事だけでは御座いません。高いリスニング力も身に付ける事が可能です。

 

つまり、ネイティブと対等に会話する為に必要な「話す」、「聞く」、これら2つのスキルを上達させる事が出来るのです。

 

ネイティブ並に英語を話す事が出来るようになる!

これは当然の事ですが、日本人特有のカタカナ発音を矯正すれば、ネイティブのように英語が話せるようになります。

 

綺麗に発音出来るようになれば、貴方が英語を話した際に、「えっ?今何て言ったの?」と英語が通じず、聞き返されるような事も無くなります。

 

むしろ、「ええっ!日本人だったんですか?!ネイティブの人かと思いました!」と、ネイティブに間違われるようになります。

 

高いリスニング力が身に付く!

「自分で発音出来る単語は聞き取れる。」

 

これはまさにその通りで、自分で発音出来る単語は聞き取れます。

 

自分自身でちゃんと発音が出来るのに、聞き取れない訳が無いですよね?

 

その為、発音力を高める事によって、リスニング力も高める事が出来るのです。

 

 

 

ネイティブスピークの6つの特徴をご紹介!

 

特徴その@ 発音の世界的権威、スコット・ペリー先生が監修!

英語発音の世界的権威 スコットペリー先生ネイティブスピークは全て、発音の世界的権威、スコット・ペリー先生の監修で作成されおります。

 

スコット先生は、ネイティブが英語を話す時の口の中の動きを正確に指導する事の出来る、発音矯正の専門家です。

 

アメリカ人言語学者、スコットペリーは今まで25年間にわたり2000人以上の日本人の発音矯正を指導。日本人の発音矯正テクニックや日本人をバイリンガルにするメソッドを培ってきました。

 

その中にはハリウッド映画に出演する有名芸能人達もたくさん居ます。

 

最近では、キアヌ・リーブス主演の話題のハリウッド映画「47 Ronin」に出演する事になった日本人の有名女優を短期間の間に、ハリウッドで通用する英語力に仕上げました。

 

特徴そのA 世界初のCG映像で、ネイティブの口の中の動きが手に取るように分かる!

 

ネイティブスピークのDVDには、ネイティブが発音をする時のCG映像が収録されています。

 

スコット先生が開発した「Scott Perry Tongue Position」を取り入れているので、口の中に番号がふってあり、舌をどの位置に持って行き発音するかが、一目で分かるようになっています。

 

ネイティブスピークの特徴である、ネイティブの口の中の動きが分かるCG映像の仕組みは、特許出願中です。

 

巷にある書籍や発音教材では、実際の英語の発音方法を詳しく教えてくれるものは中々ありませんが、ネイティブスピークでは、全ての母音と子音を1つずつ、舌の位置、口の開け方、唇の動かし方をデータとして落とし込んでいる為、ネイティブが発音する時の、

 

・口の形
・舌の位置
・舌の動き

 

全てを1つ1つ詳しく見る事が出来ます。

 

これまでどうしても発音出来なかった音も、数字に合わせて舌を動かすだけで、正しい発音が習得出来るようになっておりますので、是非試してみて下さい。

 

特徴そのB カタカナ英語をネイティブの英語に変える解決策!

 

フォニックスとは、日本語でいう「アイウエオ」と同じようなものです。

 

日本語を母語とする方は、アイウエオを完璧に発音出来ます。

 

逆に、外国人の方の日本語の発音を思い出してみて下さい。

 

例えば、アメリカ人の発音する「ありがとう」が「アゥリィガトウ」になっていたり、韓国人の方の「どうぞ」が「どうじょ」になっていたりするのは、基本的なアイウエオの発音が分かっていないからです。

 

アイウエオを完璧に発音出来れば日本語を正しい発音で話す事が出来るのと同じように、フォニックスをマスターすれば、英語をどのように話せば良いのかが分かるようになります。

 

それも、フォニックスを覚えれば、単語のスペルを見ただけで発音のやり方が分かるようにもなります。

 

知らない単語が出てきても、辞書で調べ、発音記号を見れば、その単語の正確な発音の仕方が分かるようになるのです。

 

1つ1つの発音記号を完全に理解し、再現出来る状態は、「ネイティブと同じレベル」と言えますね。

 

特徴そのC リスニング力も自動的にアップ!ネイティブの英語を聞き取れない悩みも一気に解消!

 

目の前で話しているネイティブの言葉を聞き取れないのはどうしてでしょう?

 

それは、日本人が英語を聞く時、日本語に無い音を聞くと、無意識の内に脳がカタカナの似た音に置き換えてしまうので、英語の聞き取りが上手く行かないのです。

 

英語には全部で16個の母音と、24個の子音があります。

 

日本語には「あ、い、う、え、お」の5個の母音しか無く、英語にある11個の母音は、日本語には御座いません。

 

子音に関しても、L や R を始め、舌を歯と歯の間に挟みながら発音する TH や、上の歯で下の唇を押さえながら発音する V 等、これら16個の子音は日本語に御座いません。

 

フォニックス(発音記号)を覚えるという事は、そのような「日本語には無い音」を覚えるという事になり、聞き取れなかった英語の音を習得出来、その結果、リスニング力を伸ばす事が可能になるのです。

 

特徴そのD プロのボイストレーナー、ケイトリン先生を採用!ネイティブの発音に欠かせない発声力を強化!

 

実は、ボイストレーニングと英語発音には、密接な関係が御座います。

 

どうしてかと言うとボイストレーニングで行う、

 

息をお腹から出す・声をお腹から出した息に乗せて発音する・声を鼻の上の方に響かせる

 

これら3つの事は、ネイティブの英語の話し方と一緒だからです。

 

これが出来ないという事は、ネイティブと同じ発音も出来ないという事です。

 

そこで、ネイティブスピークでは、プロのボイストレーナーを採用。

 

ケイトリン先生のボイストレーニングを実践すれば、ネイティブと同じ発声の仕方、ネイティブが英語を話す時に使う筋肉の使い方が身に付きます。

 

英語の発音を根本的に変える為に、最適な発声の仕方を学べるのです。

 

〜ケイトリン先生のプロフィール〜

 

ケイトリン・ケリー

 

ニューヨークで本格的なボイストレーニングのレッスンを受けた後、プロのボイストレーナーとして活動する。

 

ニューヨークのドラマスクールで文学士を習得。

 

女優やナレーターとしても活躍し、日本では、NHKの基礎英語にスキット出演。

 

特徴そのE ネイティブの話すスピードに着いて行く為に必須の頻繁に使われるリエゾンを39パターン収録!

 

ネイティブスピーカーが、ネイティブ同士で会話をする際に は、1分間に約420語から580語の速さで話しています。

 

ネイティブが1分間に約420語から580語の速さで英語を話す時、単語と単語がくっついて発音される「リエゾン」 という現象が起こります。

 

例えば、Did you〜?(ディデュユー)は、リエゾンを使って発音すると 「ディジュー」と単語の語尾と、次の単語がくっついて発音されます。

 

ネイティブスピークでは、ネイティブが普段の会話の中一番良く使うリエゾンを、39パターン収録しております。

 

最初は、ケイトリン先生が、1 分間に90 語のスロースピード(日本の英会話スクールで、 外国人講師が話すスピード)で、英文をはっきりと、クリアに発音し、その後、1分間に約420語から580語の速さで、リエゾンを使って英文を読みます。

 

この39パターンのリエゾンを何度も聞いて、自分でもリピーティングをすれば、ネイティブが話す英語を聞く時に「今、何て言ったんだろう?」と思う事が無くなって行く筈です。

 

 

ネイティブスピークを体験された方の声をご紹介!

 

映像が非常に分かり易い上に、ナレーションも丁寧に説明!

 

DVDを観てこれは凄いと思ったのは、口の中のCGの分かり易さです。

 

実は以前「オバケの英語」という本で、発音の勉強をした事がありました。

 

こちらも口の中を図解していて、舌先を何処につけるという事が文章で説明してありました。

 

これまでそのやり方に沿って発音してきましたが、何となく未消化な部分もありました。

 

今回、「ネイティブスピーク」のCGで、その部分が大分クリアになった気がします。

 

映像が非常に分かり易い上に、ナレーションでも丁寧に説明があり、更に、その後のケイトリンさんの口の動きも見られるので、実際に自分でやってみる際に真似がし易いです。

 

また、ケイトリンさんの声がかなり綺麗で聞き取り易かったです。

 

実際にはこんなに聞き易く発音してくれる方はそうそう居ないかもしれませんが、初心者には丁度良いです。

 

かなり気に入ったので、継続してこのDVDで勉強させて貰おうと思います。

 

どうも有難う御座いました。

 

世界中の非英語圏の方に取っても、願ってもないプレゼント!

 

チカラさん、やりましたね。夢の教材です!

 

これで私も含め全ての日本人の発音が良くなる事、間違い無です。

 

日本中、いえ、世界中の非英語圏の方に取っても、願ってもないプレゼントです。

 

こんな夢のような教材が、この値段で手に入るなんて信じられません。

 

私は現在、とても興奮しています。長い間、どうすればあのような音が出せるんだろうと、暗中模索してきたのですから。

 

その過程で某フォニックス研究所のテキストに出会い、ある程度は解決しましたが、そこで足踏みしていました。

 

そこへ彗星の如く現れたのがスコット先生です。彼のワークショップやセミナーに参加し、私は2つの重大な発見をしました。

 

1つ目は、日本人はアルファベットの正確な発音方法さえ知らない、2つ目は、英語ネイティブは腹式呼吸をするという事です。

 

正確な発音と腹式呼吸、この2つをマスター出来るものがあればなあという、私の願望を叶えてくれたのがネイティブスピークなのです!!

 

単語の読み方では無く言い方の完成形を示して頂いたのは大きな武器

 

私は英会話の勉強を約6ヶ月前から始めました。

 

勉強の内容は、主に中学レベルの英文法を復習し、それを元に日記を書いたり、先生に話したりといった物でした。

 

そんな感じで、多少なりともレッスン中に英会話をしていましたが、正直な話、発音については、ほぼ勉強しておらず、 レッスン中や自己学習の中でも、「本当にこの発音で良いのかな?」と疑問に思う事が頻繁にありました。

 

中学、高校、大学で受けた英語の授業でも、発音の授業は殆ど無かったと思います。

 

そんな中、「ネイティブスピーク」で是非、学習してみたいと思いました。

 

CG映像や先生の実演で、母音&子音共に、非常に詳しく、口の動き(しかも口の中の動きまで!)が説明されておりました。

 

先生の真似をして、一通り母音、子音を発音し終えた時には、口の周りの筋肉がかなり痛くなっており、びっくりました。

 

本当の英語の発音が出来るようになるには、これまでとは全然異なった発音方法が必要なのだと実感しました。

 

このDVDのレッスンに沿ってきちんと練習すれば、これまでよりも必ず発音が良くなるのではないかと期待が持てました。

 

DVDには他にも、アメリカ式ボイストレーニングやリエゾン等も紹介されており、実践的で面白い内容だと感じました。

 

母音、子音の練習に加え、アメリカ式ボイストレーニングやリエゾン等の練習も取り入れれば、楽しく発音の練習が出来るのではないかと思います。

 

DVDを観て、母音子音共に口の中の動きがかなり丁寧に解説

 

初めまして。私は、最近英語の勉強を始めました。

 

学習し始めの頃は、慣れてくれば発音は自然と良くなるだろうと思っていたので、良く分からない発音は適当に日本語英語で言っていました。

 

しかし、勉強を進めていく間に発音が正しく出来ないと不便な事に気付きました。

 

「正確に発音出来ない=聞き取れない」、この悪循環に嵌まり丁度困っていた所だったので、このDVDを紹介して貰えてかなり参考になりました。

 

DVDを観て、母音子音共に口の中の動きがかなり丁寧に解説がされていたので、分かり易かったです。

 

けれど、いざ発音してみると舌、唇、腹式呼吸等、意識する所も数多く出てきて不慣れな動作に正しく発音出来ない音もあり、発声しながらもどかしく感じる部分もありました。

 

ですが、何回か練習を重ねる内に舌が慣れて来たようで先生と同じように発音が出来るようになってきました。

 

現在はまだ腹式呼吸で話す事が上手く行かないんですが、今後もこのDVDを参考にして会話中、綺麗な発音で英語が話せるように頑張りたいと思っています。

 

単語の読み方では無く言い方の完成形を示して頂いたのは大きな武器

 

一言で申し上げますと『待ってました。』という感想です。

 

英語の発音とは言うものの発音記号でもネイティブや先生方から教わっても、何処か私は日本語の[あいうえお]や若しくはその組み合わせで一生懸命誤魔化してきました。

 

誤魔化すというより何の疑問も持っておりませんでした。

 

むしろそこから発展して行くんだと勝手に思っていました。

 

DVDを見ていて、特に子音は驚きました。こんな音を音として認識しているんだと感じました。

 

初心者の数少ない英語でコミュニケーションするという成功体験の確率がグット上がるような気がします。

 

単語の読み方では無く言い方の完成形を示して頂いたのは大きな武器となるからです。

 

中々、このような教え方をして頂いた事はありませんでしたし、何となく発音というのは練習している内に何とかなると勝手に考えておりました。

 

ましてや、分からないからと言って何度でも聞く事でもないし、仮にたまたま上手く言えてオッケーを頂いても、次の日は良いのかさえ分かりません。

 

日本人の英語(特に私のような初心者)が通じない訳です。

 

後もう一つ、語順(文法)や単語がままならないのに発音まで手が回らないという意識も振りほどく事が出来ました。

 

正しい単語をきちんと並べてちゃんと言えたら、取り敢えずオッケーで発音は後回しという人は多いと思います。例外無く私もそうです。

 

このまま行っていたら、日本語風英語の癖が完全についてしまっていたと思います。

 

そうならない様、これから何度も拝見しようと思います。

 

 

ネイティブスピークの価格は幾らなの?

 

我々は日本人の英語を話せないという、一人でもたくさんの方の英語コンプレックスを救いたいと思っています。

 

今回、ポリゴンCGを導入する事で、ようやく、この最先端CG映像を導入した発音教材を貴方にお届けする事が出来るようになりました。

 

貴方に先ずは発音矯正して貰い、ネイティブに通じる発音を、そして、英語力を身に付け貰えればと願っています。

 

値段につきましては、発売開始キャンペーンと致しまして、特別価格12,800円にてご提供させて頂きます。

 

最先端CG映像を導入した発音教材を誰よりもお得な条件で手にしたいのであれば、是非今直ぐに以下のボタンよりお申し込み下さい。

 

 

 

ネイティブスピークの良くあるQ&A集

 

DVDは海外でも再生可能ですか?

ネイティブスピークのDVDは、リージョンフリーですので、海外のDVDプレーヤーやパソコンでもご視聴頂けます。
海外で生活している方にこそ、この発音矯正の教材が必要だと思います。

 

海外からでも購入可能ですか?

勿論海外への発送させて頂きます。
ただし、EMS 便での配送費が、別途2,800 円掛かります。

 

ネイティブに通じる発音を身に付けるには、どれ位の期間が必要ですか?

1 日20 分の学習を60 日間する事を推奨しております。
ですが、そこまで時間を割けないという人は、1 週間でも2 週間でも良いので、フォニックスのパートを徹底的に実践して頂き、マスターして貰うだけでも、ネイティブと会話をした時、発音が上達した事を実感して頂けます。

 

スコット先生の発音矯正法はネイティブスピークに入っていますか?

はい。テキストは全てスコット先生の監修です。
スコット先生には、英語の母音と子音、全ての口の中の動きを監修して貰いました。
スコット先生のノウハウで大事なテクニックは、ネイティブスピークのテキストに掲載致しました。

 

英語初心者ですが、初心者のレベルでこの教材を使っても効果はあるのでしょうか?

はい。勿論です。
発音矯正には、英語ビギナーも上級者も関係御座いません。
発音を基礎からきちんと学んだ事が無く、発音出来ない音があるのなら、英語上級者であっても一から学ぶ必要が御座います。
カタカナ発音のまま英語学習をしていると、後で矯正をするのが難しくなりますので、むしろ初心者の段階で、きちんと発音矯正をしておいた方がこれからの英語上達の役に立ちます。

 

どうして、発音だけでなく、リスニング力も伸ばす事が出来るのでしょうか?

英語には日本語に無い音が数多くあります。
また日本語は、世界中の言語の中でも、特に音が少ない言語です。
日本人が英語を聞く時、日本語に無い音を聞くと、無意識の内に、カタカナの似た音に置き換えてしまいます。
その結果、日本人は、英語の聞き取りが上手く出来ません。
それを解決するのに有効な方法は、フォニックス(発音記号)を覚える事です。
一つ一つ、英語の音を学んで行く事で、今、聞き取れない英語の音を習得する事が出来、リスニング力を伸ばす事が出来るのです。

 

ネイティブの英語が聞き取れない原因は何でしょうか?

英語には、日本語に無い子音や母音が数多くあるので、英語の母音や子音をきちんと勉強した事が無い方は、英語を上手く聞き取れません。
ネイティブスピークでは、16 個の母音と24 個の子音、英語の全ての音を学習します。
発音とリスニングには深い関係があり、英語の発音練習をしていると、自然と英語を聞き取れるようになって行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る